05 September 2019

タイ王国パラアーチェリー代表チームが山口佐賀県知事を訪問されました

 

令和元年9月1日から佐賀県佐賀市を拠点に強化合宿を開始した、タイ王国パラアーチェリー代表チームは、同年9月4日佐賀県の山口知事を表敬訪問し、現在の合宿の様子や、今回すでに2020年東京パラリンピックの出場権が決まっている3名の選手の紹介をし、パラリンピックに向けて意気込みを話しました。

National Archery  Association of Thailand team has started the training camp from September 1,2019 based in Saga city and the team came to visit the Governor of Saga Pref on Wednesday, 4th.  They informed the Governor that how satisfying and  comfortable they are at the Saga training camp and also three athletes that has been already qualified for Tokyo 2020 Paralympic were presented to the Governor.

また、選手団団長であるニラミットラーノン理事は、九州北部豪雨で被害を受けた佐賀県に関して、「車窓から佐賀の景色を見ると、農業がすごく盛んな地域だとわかった。今回の豪雨により多くの方が被害を受けられているだろう。選手団を代表して、心からお見舞い申し上げたい。復興を応援しています」とお見舞いのお言葉を述べられました。

The head of the team also gave her sympathy on the flood disaster occurring in the parts of Saga on behalf of the team and pray for Saga’s reconstruction and safety as soon as possible. We, Saga are very grateful for the team and we hope they will have the fruitful training camp for the rest of the days.

がんばろう佐賀!がんばろう武雄!がんばろう大町!

チームは同年9月9日まで佐賀県森林公園アーチェリー場にてトレーニング中です。佐賀市内で見かけたら、ぜひ「サワディーカー/サワディーカップ(こんにちは)」と声をかけてみてください(^^)♪